仙台市若林区の診療所  医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック 【訪問診療・往診・予防接種】
ホーム > 院長ブログ・診療日誌

院長ブログ


 第194話 便利と不便とのはざまで
投稿:院長

ある雑誌に寄稿した文章です。少々長いですがお読みください。


近年、製造、販売、通信、交通、医療、教育といった生活のあらゆる場面で先端技術が導入されるようになり、これら科学技術の発達は私たちの生活に大きな変化をもたらしました。

 日常生活では、インターネットを利用すればほしいものや必要な情報がいつでも手に入る、メールやラインで連絡を取りたい人といつも繋がっている、リモコン一つで電化製品を稼働できる、交通網の発達であらゆる場所に容易にアクセスできる・・・など、昔では考えられないような便利な世界が当たり前のように広がっています。また、飽食の時代と言われ久しいですが、コンビニやスーパーに行けばいつでも食べたいものが手に入ります。自宅では、お菓子やジュースがいつでも視界の中にあり、肥満や糖尿病の原因になり、体を蝕んでいきます。

 こう考えていると、便利さとは、自分がアクセスしたいものとの間で、時間的、空間的にその距離が縮まることと言ってよいかもしれません。

 その一方で、便利さばかり求めていると、失うものも少なくありません。それは、人が思考や身体を駆使することによって活性化したり維持できる部分、つまり、けして機械的なものではなく、人に本来備わっているはずの人間らしさや心の平穏かもしれません。発達した文明の陰で、いつの間にか、人としてどうあるべきかが後回しにされつつあります。

 特に若い世代は、科学技術とは対極をなすもの・・・つまり、人と直接会って話をしたり、本を手に取ってじっくり読んだり、直筆で文章を書いたり、大自然に触れ合ったり、体を動かしたりという数多くの経験が必要です。さらに、大人になって求められる実行力、計画性、協調性、柔軟性、寛容性、忍耐力、創造性といった要素は、けして便利さばかりを追求するだけでは育まれません。辛い人生を乗り切るために、あえて遠回りしたり、不便な環境に身を置くことも必要です。そこで、スマホやパソコンを使わない時間を作ってみる、近い距離はどんどん歩いてみる、普段通らない道を遠回りして歩いてみる、園芸に励んでみる、静かな環境で読書してみる、直筆で手紙を書いてみる、ファストフードではなく料理してみる・・・など、あえて遠回りして便利さから距離を置いてみると、かつてのありのままの自分の姿が、懐かしく、すがすがしい気分と共に蘇ったりします。それは、自分と向き合う時間の中で心身がリセットされるということなのかもしれません。便利さに囲まれているうちに、それに依存するようになり、いつの間にか自分がそれに支配されてしまっているのです。

 しかし、その一方で、人生も中間点を過ぎ、いよいよ下り坂に入ってくると、今まで出来ていたことが次第に出来なくなり、生活の様々な場面で不便さが目立つようになります。そして、不便なものをそのままにしておくと、心身の不調を来したり、人間関係の不和を生んだり、生活の質の低下を招いてしまうことが少なくありません。そんな時は、便利さから距離を置くのはやめ、出来なくなった部分を補い、快適に生活するために必要に応じて便利さを取り入れていくことになります。

 現在、私は訪問診療の仕事をしていますが、その役割の一つがまさに不便を補うことです。つまり、患者さんの自宅を訪問し、実際の生活現場を観察することで、患者さんがより快適に過ごすために何が必要なのか「気付く」ことを常に意識し、けして「やりすぎ」にならないよう環境改善のお手伝いをしています。そして、フットワークの軽いケアマネージャーさんと協力しながら、介護用ベッド、マット、ポータブルトイレ、歩行器、手すり、車いすなどの介護用品の導入はもちろん、患者さんの身の回りにある生活用品の使い方、家具やベッドの配置、自宅でできるレクレーションなど生活者としての視点から提案するようにしています。ちなみに、ある寝たきりの患者さんは、テレビやエアコンのリモコン、ラジオ、携帯電話、新聞、雑誌、眼鏡、入れ歯、歯ブラシ、うちわ、耳かき、孫の手、爪切り、天井照明のスイッチのひも、薬、宅配弁当、お菓子、みかん、ドリンク、家族をコールするための呼び鈴・・・など生活必需品のほぼすべてが手の届く範囲に置いてあります。そして、健康保険証と診察券、札束の入った財布がそっと枕の下に隠されています(笑)。これは、この患者さんが、自身の身体状況に合わせて生活するうちにたどり着いた見事な環境改善の境地なのです。

 こう考えてみると、若いうちは便利さからあえて距離を置くように生活し、歳を重ねるにつれ便利さを徐々に受け入れていくという姿勢が大切になってきます。

 私のようにベテランと呼ばれるようになった医者の多くは、少なからず自分の心身の衰えを自覚しながら日々それと格闘し(?)、診療していくことになります。普段の診療では、患者サービスの向上のために、どんどん効率性や利便性を追求する姿勢が求められますが、プライベートでは、便利さによって損なわれる部分を意識しながら、自分らしく生きるためにあえてそこから遠ざかるのか、受け入れるのか微妙な匙加減が大切なのです。

 ところで、整理整頓が苦手ということもあるのですが、私のベッド周辺には、手の届く範囲にスマホ、本、雑誌、携帯電話、眼鏡・・・が散乱しています。まだまだ便利なものから距離を置きたいと思っても、そうはさせない誘惑との戦いがしばらく続きそうな気配です。 


2020年10月24日(土)

 第193話 ノーベル賞に思うこと
投稿:院長

今年のノーベル賞は、残念ながら日本人受賞者はいませんでした。

 

毎回、日本人が受賞すると、研究のきっかけ、成功の秘訣、苦労、受賞の喜びを聞くのを楽しみにしています。そして、その研究が私たちの実生活の中のどこで役立っているのか知り、誇らしい気分になります。

 

ノーベル賞は、自分が日本人でよかったと実感する機会でもあるのです。

 

ノーベル賞の選考は秘密裏に行われ、発表の際もその選考過程が明らかにされることはありませんが、人が人を選ぶ賞なので、選考委員の主観が受賞に影響するのは間違いありません。

 

したがって、受賞した人と受賞しなかった人の研究成果の優劣を単純に決められるものではありません。

 

しかし、多くの研究者の中では最高の栄誉とされており、その受賞は他のどんな国際的な賞よりも注目を集めるのも事実です。

 

過去には、田中耕一さんや山中伸弥さんのように若くして受賞した方もいますが、受賞者の高齢化が進んでおり、最近では80歳を過ぎて受賞する方もいます。

 

医者としていつも感じることですが、人生も70台に差し掛かると、命に関わるような病気を発症する機会も増え、時にそれは突然やってきたりします。

 

亡くなった方はノーベル賞の受賞対象から外れるのですが、作家の谷崎潤一郎さんのように、本人が79歳で亡くなってから実は受賞候補者だった・・・と50年後に発表されても、ご本人にとって全く栄誉ではありません。

 

高齢で病気を抱える候補者にとっては、まさに自分の命の灯火が燃え尽きるのが早いか、受賞が早いかという時間との競争だと思うのです。

 

そこで選考委員会にお願いしたいのは、候補者の年齢や健康状態も是非考慮に入れて選考してほしいということです。

 

健康に不安のある候補者は表彰の優先順位を上げる・・・そんな配慮があってもいいのではないかと思います。

 

そして、日本人びいきの私にとって、受賞に値する多くの日本人研究者が受賞に間に合ってほしい、そして、日本人として誇らしい気分を再び味わってみたいと感じています。


2020年10月19日(月)

 第192話 人生相談パート5
投稿:院長

192話 人生相談パート5

スポーツ解説でお馴染みの増田明美さんに寄せられた人生相談と、増田さんの回答を参考にするシリーズ5回目になります。

 

人生相談のコーナーには、女性からの相談がとても多いのですが、その理由として女性には、「とにかく自分の気持ちを聞いてほしい」、「解決できなくても共感してくれる人がほしい」と考える人が多いためだと思います。増田明美さんは絶対に共感してくれる、そう期待して相談してくるのでしょうね。

 

一方の男性は「自分の弱みを他人に話すなんて恥ずかしい」、「自分のことは自分で解決するものだ」と考える人が多いと思います。

 

そんな中、おそらく勇気を振り絞って投稿してきたであろう男性からの「引きこもりを抜け出したい」という相談を取り上げたいと思います(以下、mixiの増田明美の人生相談から抜粋)。

 

相談内容
 30代男性。実家で親と暮らしています。現在、無職で引きこもりです。
 高校では成績も良く、部活もやって充実していました。でも、大学受験の頃から、自分が何をやりたいのかわからなくなりました。取りあえず大学に進みましたが、興味が持てずに中退。以来、短期のアルバイトを数回やった以外は、8年近く引きこもり生活です。
 引きこもりを脱するために仕事を探していますが、興味ある仕事を見つけても、それを自分ができるか、職場の人とうまくやっていけるかなど、不安になります。何かやろうとしても、まずできなかった時のことを考えてしまい、無能だと思われるのが怖くて結局何もしないということが幾度もあります。度胸がなく、マイナス思考で優柔不断なのです。
 こうした不安を克服して社会復帰を目指すのにはどうしたらよいでしょうか。この年になって、さすがに今のままではダメだと焦っています。(東京・O男)

増田さんの回答
 自分のことをよく見つめていらっしゃる相談文から、あなたは「取りあえず」という曖昧なことが嫌いな性格なのだなと感じました。何でも完璧にやろうとする真面目な方で優秀なのです。だから無能だと思われることが怖く、恥をかきたくない。その気持ちがあなたに何かに挑戦させることを止めてしまっているようです。
 きっと親御さんは優しい方で、静かにあなたを見守っているのでしょう。自分でも気づいているように、殻を破らなければいけませんね。そのためには失敗を恐れない心のトレーニングが大切です。人は自分のことで精いっぱい。他人の失敗には興味がありませんよ。成功、失敗よりも、努力を評価するものです。
 ボランティアでも小さな仕事でも、何でもいいので人に喜ばれることをしてみましょう。そうすると心にプラスのパワーが生まれますから、考え方が前向きになります。そして、たとえ恥をかいてもそれは成長のもと。
 若い頃私はラジオ番組で「結納」を「ケツノウ」と読み大笑いされ、すごく落ち込みました。でも、その時新聞の川柳欄で出会った「生きている証拠に今日も恥をかき」に励まされ、今も失敗する度にこの言葉を思い出します。間もなく新年。ぴょんっと一歩を。

 

何をするのか与えられている高校までの環境では、与えられた課題を一生懸命に行っていればよかったのですが、大学生から社会人になると自分の責任で選択し、課題を見つけ解決しなくてはならない機会が増え、それに戸惑ったまま年月を重ねてしまったということなのでしょう。

 

自分の進路は他人から示されるのではなく、自分で考えて決めなくてはならない。しかし、増田さんの言うように、成績が優秀だったために失敗ができない、という気持ちが強すぎて踏み出せなくなってしまったのでしょうね。

 

でも、引きこもりの生活の中で自分の弱さを見つめ直し、きっと謙虚さを身に着けていることでしょう。謙虚な人ほど信頼できるものです。

 

こんな場合、その謙虚さをベースにして、他の人の役に立っていることが実感できるようなきっかけが必要です。

 

私がお勧めするのは、まずは家族の中の人間関係を見つめ直し、自分に何ができるのか考えてみることです。両親や兄弟姉妹に代わって家族や親族としての役割を果たし、まずは身内同士で感謝の言葉を交換してみましょう。

 

次に、老人施設でのボランティアをお勧めします。お年寄りの話し相手、レクレーションの相手や企画、掃除、配膳の手伝い、園芸・・・なんでもよいので、取り組んでみましょう。心優しいお年寄りはきっとこの男性を受け入れ、出会いを喜び、感謝の心を伝えてくれるでしょう。

 

体が不自由になっても心穏やかに、おおらかに、そして逞しく生きるお年寄りから生きる力をもらうことでしょう!

 

と、今日は日頃から感じている「お年寄りに秘められたとてつもないパワー」を強調して終わりにしたいと思います。



2020年10月12日(月)

 第191話 人生相談パート4
投稿:院長

スポーツ解説でお馴染みの増田明美さんに寄せられた人生相談と、増田さんの回答を参考にするシリーズ4回目になります。

 

今日は、離婚話を切り出され、ビクビクして生活している女性からの相談について考えてみたいと思います(以下、mixiの増田明美の人生相談から抜粋)。

 

相談内容
 結婚して5年、3人の子を持つ30代前半の専業主婦。
夏に夫から離婚を切り出され、ずっと悩んでいます。
 夫は、夫婦げんかが多いのと、その際に私がきつい言い方をしたり細かいことを指摘したりする点が原因だと言い、「家のことはちゃんとやっているが、きらいになった」と話して、一度は別居しました。
ただ、今は同居に戻っています。
 離婚話が出る前は、夫を小遣い制にして私がやりくりしていました。
でも、夫は買い物や飲み代を私にいちいち請求するのが不満だったようで、その後、義母の提案で夫が家計を握って私に小遣いを渡す約束にしました。
ただ、夫はその約束を守ってくれません。
 同居再開後、夫は子どもには普通に接しますが、私が明るく話しかけても無愛想で、あいさつも返しません。前のように仲良くしたいけど、夫が何を考えているのかわからず、夫をたてる努力もつらくなってきました。
また「離婚だ」と言われるかと、びくびく過ごす日々です。(滋賀・J子)

増田さんの回答
 あなたは、きちょうめんな方のよう。
家計を預かる主婦として良かれと思ってしたことが、ご主人の性格に合わなかったようですね。
やるせない思いで孤軍奮闘している様子が伝わります。
 ご主人の心は幼いです。若いあなた方が3人の子どもを育てるためには、お互いが相手を思いやり助け合わなければいけません。
それなのに、細かく言うあなたを「きらいになった」だなんて。
大人の男性ならあなたに細かいことを言わせなくて済むよう「もっとオレががんばらなきゃ!」とふんどしを締め直しますよ。 ここは義母を味方につけるようがんばってみませんか。
ご主人は母親の言うことは聞くようですし、義母もお孫さんはかわいいに違いありません。
子育てのことを相談したり得意なお料理を教わったり、触れ合いを重ねることで、自然と良い関係ができるでしょう。
義母が幼い夫をいちいち叱ってくれるようになればしめたものです。
 あなたは今、子どものためにより強く賢くなるチャンスを得ています。朗らかにがんばってくださいね。

 


増田さんの回答にように、確かに相談者の夫の振る舞いは幼いと言えます。


しかし、夫の立場に立った時、自分は家族のために仕事で頑張っているのに、自分に対してきつい言い方をしたり、小言ばかりで自分の頑張りを言葉にしない妻に対して嫌気を感じているというか、すねているのですね。男としてよくわかります(笑)。

 

この文面からは、夫のことを認めていないのではなく、認めているのに素直に言葉にできていない様子がうかがえます。こんな時、夫はきっと妻から「いつも家族のために頑張ってくれてありがとう」と言ってほしいに違いありません。

 

細かいことを気にしすぎる夫の性格を矯正するよりは、幼い夫の心理状態をよく理解して、上手に乗りこなすような気持が大切だと思います。

 

さらに、増田さんが指摘しているように夫が信頼している人物を味方につけることも大切です。夫の母親に「あなたにはとても素晴らしいお嫁さんなのだから、子供たちのためにも夫婦仲良くしてね」と言わしめたら大変心強いです。

 

人間関係でうまくいかないとき、「自分のやり方を変えてみる」、「時には距離を置いてみる」、「相手が信頼している人を味方につける」というのは、自分の中でも鉄則になっていています。

 

増田さんの言うように、この試練を乗り越えられたら、自分はさらに成長できると朗らかに頑張ることが大切ですね。夫をたてる努力をしていると言っていますが、素直な気持ちで朗らかな言葉で夫をたてることが必要です。

 

個人的には「穏やか」という言葉がとても好きで、在宅医療では患者さんが穏やかに生活できているかどうか非常に重視しているのですが、「朗らか」という表現も大変素敵ですね。

 

これからは、患者さんが「朗らかに生活できている」とカルテに数多く記していきたいと思います!

 


2020年10月7日(水)

 第190話 人生相談パート3
投稿:院長

今回も、増田明美さんに寄せられた人生相談の内容と増田さんの回答について考えたいと思います。

 

以下に、長い間努力してきたのに報われないという悩みについての相談と、増田さんの回答を掲載します(mixiの増田明美の人生相談から抜粋)

 

相談内容
 30代後半、契約社員の女性。コツコツ努力して頑張ってきましたが、うまくいかず、自分の存在価値がないように感じます。
 私は能力がないので、人の倍は努力しないと人並みになれないと、高校生の時に気付きました。
それからはいろいろなものを見聞きし、人との関わりを大事にし、さまざまな習い事をして、成長できるよう過ごしてきました。
美人でもないので清潔感を大切にし、自分に合った無理のないおしゃれを心がけてきました。
 でも、気付けば40歳が目の前です。
精いっぱい働いてきた前の職場は体調を崩して退職、今の仕事になって収入が減りました。
良い縁にも恵まれず、いまだに独身です。
努力すればステキな人生を歩めると思っていたのに、今まで何をやってきたのかという感じです。
 両親は支えてくれるし、励ましてくれる友人もいますが、新たな目標を見いだせません。
前を向いて生きるためのヒントをいただけませんか。心機一転したいのです。(福岡・Y子)

増田さんの回答
 美しい文字に句読点も丁寧に打たれた相談文には、何事にも最善を尽くすあなたの性格が表れているようです。
体調を崩し状況が変わってから弱気になっていますが、人生をひたむきに歩むあなたはステキです。
 ただ体調を崩したことには何か意味があるのだと思います。
これまで「こうでなければいけない」という感じでがんばってきたでしょう。
少し肩の力を抜いて、時には流れに身を任せることも必要ですよ、というメッセージなのかもしれませんね。
よく人生はマラソンに例えられますが、マラソンにだってゴールへ向かう道のりに何か所も給水所があるのですから。
 今はゆっくり給水を取りながら、「努力してステキな人生を歩む」という本来の目標を具体化してほしいと思います。
あなたは努力する才能がある人なので、漠然とでもゴールが見えている方が努力が実ります。
 そして目標を見いだせない時は、「人のために生きる」という気持ちになると、自分に意外とエネルギーが湧いてくるものです。
今、立ち止まって考えている時間こそ、新しいあなたのスタートなのだと思います。

 

 

 

増田さんの回答には、相談者の直筆の手紙を一字一句丁寧に読み込んで、その文字を通して相談者に寄り添い、一緒になって答えを見つけていこうという姿勢が感じられます。


人生は順調なことばかりではありません。しかし、順調にいかないことがすべて否定的なのかというとそうではなく、逆境を糧にしたり、後から振り返って、あの時の試練は意味があることだったと思えることも少なくないのです。

 

人は、ずっと頑張り続けることはできません。時には疲れ切った心身を休ませることが必要です。頑張ってきたことから距離を置くことも必要です。


増田さんのように、人生はマラソンに例えられることがありますが、競技のマラソンのように一刻も早くゴールする必要はありません。マラソンで給水があるように、人生も突っ走るだけでなく、時には立ち止まって給水したり、給水しながら考え直しても良いのです。

 

そして、行き詰った時、人生の目標を変更することも必要かもしれません。今まで自分への見返りを期待して頑張ってきた人もいるでしょう。しかし、見返りばかり求め続けていると、損得勘定に走りやすく、十分な見返りがなければ、相手を責めたり、不満を感じたり、妬んだり、落胆したり、ネガティブな感情を生みやすくそれだけで疲れてしまいます。

 

「自分の行動は自分のためではなく他人のために行う」、「人への親切は過去に受けた親切の恩返しのために行う」と発想を転換できるようになれば、人はもっと楽に生きられるようになる気がします・・・・と書きながら、自分自身にも言い聞かせています(笑)。

 

増田さん、今日も人生を生きるためのヒントをありがとうございます。 


2020年10月2日(金)

 第189話 人生相談パート2
投稿:院長

今回も、前回に引き続き増田明美さんに寄せられた人生相談の内容と増田さんの回答について考えたいと思います。

 

以下に、無口で何事にも無関心な夫に対する悩みについての相談と、増田さんの回答を掲載します(mixiの増田明美の人生相談から抜粋)

 

相談内容
 結婚生活20年の40代主婦。無口で、何に対しても無関心な夫に悩んでいます。
 付き合っている頃からおとなしい人でしたが、結婚し、子どもが生まれてから夫は特にしゃべらなくなりました。私が話しかけない限り、一日中一言も話さないことがしょっちゅうです。
 話をさせるため、「なぜしゃべらないのか」と聞いたりもしました。その後しばらくは少し話すようになりますが、すぐまた元に戻ります。今では私も話すのが嫌になり、夫にほとんど話しかけなくなりました。
 夫は子どものことも、何も聞いてきません。せめて子どもにはきちんと向き合い、父親の役割は果たしてほしいのに、子どもが外泊などで家にいなくても興味を示しません。
 子どもも大きくなってきましたが、この先夫婦2人で暮らしていくのはつまらなそうで、離婚を考えてしまいます。こんな人を選んだ私が間違いなんですけれど。 (千葉・E子)

増田さんの回答
 無口なご主人についての相談のお手紙。世の中には夫の暴力などで痛さや怖さに苦しむ人もいますが、あなたの場合は孤独との戦いのようですね。ご主人が「おとなしい」だけではなく、何事にも「無関心」だというのが気になります。
 ただ、あなたの目にそう映るだけかもしれません。家の中で無口な人の中には、案外会社や外で精力的に活動し、家に帰るとリラックスしてぼーっとしてしまうという人もいますから。
 ご主人がお子さんに対して無関心にみえるのも、あなたを信頼し安心しているからではないでしょうか。無口が理由で離婚を考えるのは惜しい気がします。結婚当初はご主人に会話を促し叱咤(しった)した様子。でも子育てに忙しくなるうちに、無口を諦めてしまったのでしょうね。お子さんも大きくなった今、これからはご主人育てですよ。
 テレビなどを見るご主人をじっくり観察してください。必ず何かの話題に関心を示し、楽しそうな表情をします。そんな時にご主人の興味があることで会話を始める努力が大切です。そして、いつかあなたがおとなしいご主人のことを「いてくれるだけで幸せ」なんて思えたら素敵ですね。

 

まず、夫の立場に立って、「家の外では精力的かもしれない」、「家の中ではあなたのことを信頼しているのかもしれない」と別の視点があることや、「これからは子育てからご主人育てですよ」と夫と付き合っていくための心構えをキーワードとして伝え、「夫の表情や行動を観察して興味がありそうな話題を見つけてみましょう」と具体的にアドバイスし、いつか夫が「いてくれるだけで幸せ」と感じられるような存在になったら素敵ですね、と結んでいます。個人的には、「ご主人育て」という言葉がとても心に響きました。

 

話が変わりますが、他人と比較して優越感を感じることは時に不謹慎と考えられることがあります。しかし、他人と比較して「自分よりももっと大変な人がいるのだからもう少し頑張ってみよう」と前向きに生きる原動力とするのはむしろ健全ではないかと考えています。

 

訪問診療を通して様々な家庭を観察してきましたが、世の中には、夫からの家庭内暴力とそれに悩む家族が多いのです。

 

家では無口で無関心に見える夫も、平和で穏やかな家庭環境になくてはならない存在になっているかもしれません。さりげなく家事を手伝ってくれたり、家族のことを日記に書いているかもしれません。無口で無関心の裏には、夫の長所がたくさん隠されているに違いありません。

 

「世の中には、家庭内暴力で自分よりももっと大変な人が大勢いるのだから、自分のペースで夫育てを楽しんでみよう」

 

「無口な夫の中に隠されている“宝探し”を楽しんでみよう」

 

もしかしたら、妻が理想とする「かかあ天下」が実現するかもしれません(笑)。



2020年9月28日(月)

 第188話 人生相談
投稿:院長

新聞や雑誌には、読者が抱える悩みを精神科医、著名人が相談の乗る人生相談というコーナーがありますが、アドバイザーにより、いろんな回答があって、参考にしています。その中でも、個人的に最も好きなアドバイザーは、スポーツ解説でおなじみの増田明美さんで、とにかく相談者に寄り添い、アドバイスがとても温かくポジティブです。

 

増田さんの回答は、まず相談者の長所や魅力を率直に指摘し、自分の長所を生かすための心の持ち方、具体的な行動を順に示しており、とても参考になることが多いのです。

 

以下に、交友範囲が広く、大好きな彼から不信感を買っているという悩みについての相談と、増田さんの回答を掲載します(mixiの増田明美の人生相談から抜粋)

 

相談内容

20代の公務員女性。付き合って1年くらいになる男性がいます。尊敬できる人で、一緒にいてとても楽しく、幸せです。でも、その人は私のことを信用してくれません。私は元々、男女分け隔てなく接することのできる性格で、交友関係が広いのです。彼はそんな私に「愛想を振りまきすぎで、男に好かれたいようにしか思えない」と言いました。
 私にはそんな気は全くなく、彼に信用してもらいたい一心で、男性とのかかわり方を見直してきました。でも、彼は前の私のイメージがなかなか消えないようで、休日に会えないと「他の男と会っているんだろう」などと疑われます。そんなこと一切ないのに。それでも、私は彼が好き。離れようとは思いません。私自身の行動で、失った信用を取り戻したいのです。といっても、どうすればいいか、自分で考えてもわかりません。(北海道・C子)

増田さんの回答
 彼のことがとても好きなのですね。彼もあなたが大好きです。誰とでも朗らかに交流できる社交的なあなたは、彼にとって憧れの的。だから心配なのです。あなたを信用していないのではなく、魅力的だから心配で仕方がないのですよ。
 ただ、このまま自分を押し殺して彼に合わせていたら、あなたらしさがなくなってしまいそうです。これからは彼よりも一枚上をいって、彼の心を広くする努力をしていきませんか。
 人は知らないから不安になり、反対に知れば安心するものです。あなたの友人や同僚たちに「私の恋人です」と言って彼をどんどん紹介していくのです。加えて、あなたの大切な友人のことは懇切丁寧に彼に説明していくべきでしょう。これにはかなりのエネルギーが必要ですが、将来へつながる前向きな労力です。
 これまであなたは彼に嫌われるのが怖くて彼に合わせようとしてきましたが、そういう恋愛は長続きしません。今のお付き合いを大切にするためにも、お互いの個性を認め、尊重し合いながら共に歩めるようになってほしい。真の愛情は相手の包容力を育てますよ。

 

この相談の中で、「あなたは社交的で魅力的な人」と相談者の魅力を称賛し、「彼よりも一枚上をいって彼の心を広くする努力をしていきましょう」と自分の長所を生かす心の持ち方を伝え、「友達に私の恋人ですと彼をどんどん紹介してみましょう」という具体的な行動をアドバイスしています。そして、「彼に合わせるだけでは恋愛は長く続かない。真の愛情を育み、彼の包容力を育ててほしい」とさりげなく現在の付き合い方の危うさも指摘し、良い恋愛に発展するように願っているです。

 

ちなみに私がアドバイザーだったら・・・。

 

「マザコン」、「やたらプレゼントしてくる」、「嫉妬深く行動を監視したがる」、「金を無心してくる」男とは付き合うのはやめたほうがいいよ!

 

ちょっと包容力のない回答になってしまいました(笑)。


2020年9月23日(水)

 第187話 手をつなぐ
投稿:院長

ある復興住宅に住む患者さんの診療に伺った時のことです。

 

この復興住宅の掲示板には、町内会の皆さんが作った「暖かい地域づくりの十の心構え」が掲げられており、立ち止まって拝見しました。

 

その十の心構えのうち、個人的に最も強く印象に残ったのは、10番目に書かれている「してあげるのではなく、共に手をつなぎましょう!」でした。

 

「してあげる」というのは、上から目線の考え方で、私たち医療介護職は、患者さんのためと言いつつ、ともすると「訪問してあげている」「診察してあげている」「薬を出してあげている」「介護してあげている」という意識が知らず知らずのうちに生まれやすいものです。

 

以前、この復興住宅に診察に来た時のことですが、見回りをしていた自治会長と思われる年配の方から、往診車の駐車場所について厳しく注意を受けたことがあります。

 

この時は、「せっかく訪問診療に来たのにとても厳しい人だ」と感じたのですが、後から振り返ってみると、この時すでに「訪問診療をしてあげているのに・・・」という邪念が私の心に生まれていたのです。

 

今更ながら、この思い上がった精神に対して大いに反省しているところです。

 

話が変わりますが、この「手つなぐ」という言葉には、絆、親愛、信頼などの感情が含まれていますが、手をつなぐという行為の中には「恋人つなぎ」というものがあり、なんと「指を絡めて手をつなぐ」のだそうです。益々、二人の愛情が深まるかもしれませんね。

 

コロナ禍の中、手をつなぐことさえも自粛している人が多いと思いますが、この感染症が終息した暁には、愛する人と指を絡めて手をつないでみてはいかがでしょうか!



2020年9月17日(木)

 第186話 素晴らしい記憶と共に
投稿:院長

訪問する患者さんの自宅には、様々な「お宝」を発見することができます。

 

Bさんの部屋には大きくて立派な賞状が飾られています。

 

それは、今は亡きご主人が勲章を受賞されたときのものです。

 

笑顔が素敵なBさんは、何年も何年もご主人の帰宅をその優しく穏やかな笑顔で迎え続けたに違いありません。

 

傍らの娘さんは「父の仕事で様々な場所に行きましたが、父のおかげでたくさんの人と巡り合えました」と誇らしげです。

 

私はBさんに言いました。「この勲章は、ご主人の努力と家族の内助の功の賜物ですね」

 

Bさんの家族は、今も良き夫、良き父と過ごした素晴らしい記憶と共にあります。

 

ところで、賞状には、交付された当時の内閣総理大臣の名が記されていました。

 

私は、Bさんのご主人が受賞された勲章を通して、当時の記憶を呼び起こし、回想することができました。

 

あの時代は・・・。

 

今、次の内閣総理大臣を決める自民党総裁選挙の真っただ中です。

 

勲章は、個人の功績や業績を称え国が表彰するものですが、その賞状には、永遠に時の内閣総理大臣の名が刻まれます。

 

次の内閣総理大臣には、将来、多くの人々にとって良い時代だったと回想できる人が選ばれてほしい、個人の栄誉にふさわしい人が選ばれてほしい、そう願わずにはいられません。


2020年9月11日(金)

 第185話 お茶の心
投稿:院長

私の実家は新潟の田舎にありますが、子供の頃、自宅に人が来るたびに「お茶でも飲んでいってください」と室内に招き入れ、客人をもてなすことが当たり前でした。

 

そして、年月が経ち、私もいよいよ中年になり、時代も風習も土地も違う場所で訪問診療を行うようになっても、患者さんやご家族から「お茶でも飲んでいってください」と声を掛けられることが少なくありません。

 

時代を遡っていくと、お茶で客人をもてなす風習は、安土桃山時代の茶人・千利休の「茶の湯」に端を発しているようです。

 

千利休は、茶道の作法や精神を「利休七則」で説いています。

 

それは、「常に心にゆとりを持ち、誠実に準備を行い、相手の気持ちを思い量りながら、お互いが最も心地よいと感じられるよう心を配る」ことであり、お茶の精神とは、単なる作法ではなく、人との出会いに感謝し、相手への尊敬を示す「おもてなしの心」にあるのです。

 

先日、高齢のAさんが自宅で転倒し、足の痛みで身動きがとれないという連絡があり、往診に駆け付けた時のことです。

 

ご家族から聞き取った転倒の状況や診察の結果から、大腿骨頸部骨折と考えられました。

 

しかし、診察の終わりにAさんは、ベッドに横になったまま穏やかな表情で「ご苦労様です。お茶でも飲んでいってください」と声を掛けて下さいました。

 

この時、脈々と受け継がれ、どんな状況に置かれても失われない日本人の崇高な心と、Aさんがこの世に生をうけてから灯し続けてきた人としての温かさに触れ、胸が熱くなる思いでした。

 

そして、何があっても長年住み慣れた自宅でとことん過ごしたい、過ごさせたあげたいという当初の気持ちを再確認し、入院せずに自宅で生活していくことになりました。

 

「お茶でも飲んでいってください」

 

何気ないこの言葉に込められた意味をこれほどまでに強く、そして深く感じたことはありませんでした。

 

Aさんの一刻も早い回復を祈りながら、またいつかAさんとお茶を楽しむ日を心待ちにしています。



2020年9月6日(日)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 最初 次のページ>>

現在1ページ目を表示しています



医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック
〒984-0037 宮城県仙台市若林区蒲町30-3
022-355-2533

Copyright (c) Sendai Home-care Support Clinic All Rights Reserved.