仙台市若林区の診療所  医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック 【訪問診療・往診・予防接種】
ホーム > 第48話 2つの命題



 第48話 2つの命題


投稿:院長

イチロー選手が現役引退を発表され、大ファンとして感慨深いものを感じています。

 

2004年に大リーグの年間最多安打を達成した時、2009年にワールドベースボールクラシックの決勝戦で決勝打を打った時、2016年に大リーグ通算3000本安打を達成した時は、日本人として誇らしく、興奮してなかなか寝付けなかった思い出がよみがえります。

 

イチロー選手と言えば、普段の生活や試合前のウオームアップ、そして打席ごとに同じ習慣や動作を繰り返す「ルーティーン」を実践していたことで知られています。

 

ルーティーンの効果とは何でしょうか?

 

イチロー選手に限らず、ラグビーの五郎丸選手がキックを蹴る時に行う拝みポーズや、ウサインボルト選手がレース前に行う十字架のポーズは有名ですが、ルーティーンを行うことで気持ちを整理し、ストレスや不安を取り除き、集中力を高めて試合に臨むことができるのです。

 

ただ残念な点を挙げると、イチロー選手のルーティーンが食事に及んでいたことです。

 

イチロー選手の偏食は有名で、子供の頃から野菜嫌い、選手時代もカレー、うどん、パンなど同じパターンの食事を繰り返していたそうです。

 

重圧と闘いながら、数々の「不確定要素」を取り除くためには必要だったでしょうし、この徹底したルーティーンのおかげで集中力を保ち、数々の偉業を達成できたのだと思います。

 

しかし、「もしもイチロー選手が、若い時からバランスの良い食事をしていたら・・・」

 

50歳を過ぎても選手として活躍する姿を勝手に想像しながら、イチロー選手のこれまでの偉業を振り返っているところです。

 

「人として、キャリアのピークをどのようにして過ごすのか?」

「そのピークは過ぎたけれど、どのようにしたら長期間続けられるのか?」

 

相反する要素を数多く含んでいるこの2つ命題に対して、どう折り合っていくのか、一人一人に与えられた課題なのかもしれません。




2019年3月23日(土)
<< 第47話 「数字」との付き合い方
2019.3.21
第49話 人生の分岐点 >>
2019.3.25



はじめのページに戻る



医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック
〒984-0037 宮城県仙台市若林区蒲町30-3
022-355-2533

Copyright (c) Sendai Home-care Support Clinic All Rights Reserved.
【101#FFFBF7#FFCC99#FF9933