仙台市若林区の診療所  医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック 【訪問診療・往診・予防接種】
ホーム > 第41話 スマホは善?それとも悪?



 第41話 スマホは善?それとも悪?


投稿:院長

スマートフォンの普及率が上昇し、電車の中でもレストランでもスマホに夢中になっている人が非常に多いです。

 

しかし、最近はスマホの弊害も叫ばれるようになってきています。


子供がスマホを操作する時間が長くなるほど学校の成績が低下し、使い過ぎによる大脳の発達の遅れが指摘されていますし、働き盛りの年代でもスマホの使い過ぎにより、感情や意欲などをつかさどる脳の前頭葉の血流が低下し、もの忘れ、判断力や意欲の低下、感情のコントロールが難しくなるといった弊害が指摘されています。

 

一方、高齢者の場合、スマホを使用することにより、SNSを通した他者との交流や機器の操作による認知症の予防効果などが示されており、果たしてスマホは人の健康にとって善なのか悪なのかわからなくなってしまいます。

 

この点について、スマホが人の健康に与える影響は、スマホの使い方によって変化するのではないか、と考えています

 

若い方のスマホの使い方をみると、絶えずスマホの画面に向き合う「ながらスマホ」の状態になっていることが多く、もし、スマホがないと精神的に落ち着かない、メールの着信音が空耳で聞こえるようになっているとしたら「スマホ中毒」はかなり重症かもしれません。

 

こうなると、スマホを使うのではなく、「スマホに使われてしまっている」「スマホに支配されてしまっている」といった方がいいのかもしれません。

 

一方の高齢者の場合は、楽しみながらスマホに向き合い、かといって使う場合でも短時間で済ませ、スマホを使っている時間とそれ以外の時間を区別しながら使っている方が多い気がします。


人間の脳というのは、情報を得るばかりでなく、それを整理する作業が必要ですが、四六時中、いろんな情報ばかりが入ってくるのにそれを整理する時間がないと、情報処理が追い付かず「脳疲労」を起こしてしまうのです。

 

外を歩いた時は、新鮮な空気を吸って季節の変化を感じ、食事をする時は、食材一つ一つのおいしさを味わい、電車に乗った時は、移り変わる外の景色の変化を楽しむ(それとも人間ウオッチ?)ことも必要だと思います。

 

「スマート」とは英語で「賢い」を意味し、端末が持つ多様な機能と照らし合わせてスマートフォンと呼ばれるようになったのですが、賢さが求められているのは私達人間のようです。





2019年3月6日(水)
<< 第40話 おねだり
2019.3.4
第42話 ミステリー >>
2019.3.8



はじめのページに戻る



医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック
〒984-0037 宮城県仙台市若林区蒲町30-3
022-355-2533

Copyright (c) Sendai Home-care Support Clinic All Rights Reserved.
【101#FFFBF7#FFCC99#FF9933