仙台市若林区の診療所  医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック 【訪問診療・往診・予防接種】
ホーム > 第40話 おねだり



 第40話 おねだり


投稿:院長

介護が必要な高齢者の中には「みんなに迷惑をかけるので、もうこれ以上長生きしなくてもよいのですが・・・」という方が少なからずいらっしゃいます。

 

表情をみると、とても深刻という雰囲気ではなく、いつも礼儀正しく迎えて下さいます。

 

このような言葉に対して、どう返事をしたらよいのかずっと迷ってきました。

 

当初は「そんなことないですよ。これからも是非長生きして下さいね」と当たり障りのない返答をしてみたものの、私自身、どこかすっきりしないものを感じていました。

 

人は、自分のことになると無頓着だけれど、他の人のためだったら喜びを感じて頑張れるということがあります。


裏を返せば、「長く生き過ぎてしまった」と考える謙虚な方は「人に迷惑ばかりかける自分には、これ以上生きる価値がない・・・」と考えてしまうもの。

 

色々考えた末、そのような方に対して次のように返答することにしています。

 

「〇〇さんが今までご家族や社会に貢献して下さったおかげで私達が安心して暮らせるのです。お会いできたことをとても感謝しています。時には沈んだ気持ちになるのは人間だから当然です。しかし、〇〇さんの笑顔を見るとそれだけで私は嬉しくて安心できるのです。〇〇さんにお会いできることをいつも楽しみにしているので、これからもとびきりの笑顔で迎えて下さるととても嬉しいです」

 

よく考えれば、年齢や考え方が違っても、私達は同じ日本人として今の世を生きる同志のようなものです。

 

今までの人生に敬意を表し、出会いに感謝し、笑顔を“おねだり”することで、少しでも生きがいを感じてもらえたらと考えています。




2019年3月4日(月)
<< 第39話 涙の先には・・・
2019.2.27
第41話 スマホは善?それとも悪? >>
2019.3.6



はじめのページに戻る



医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック
〒984-0037 宮城県仙台市若林区蒲町30-3
022-355-2533

Copyright (c) Sendai Home-care Support Clinic All Rights Reserved.
【101#FFFBF7#FFCC99#FF9933