仙台市若林区の診療所  医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック 【訪問診療・往診・予防接種】
ホーム > 第189話 人生相談パート2


 第189話 人生相談パート2
投稿:院長

今回も、前回に引き続き増田明美さんに寄せられた人生相談の内容と増田さんの回答について考えたいと思います。

 

以下に、無口で何事にも無関心な夫に対する悩みについての相談と、増田さんの回答を掲載します(mixiの増田明美の人生相談から抜粋)

 

相談内容
 結婚生活20年の40代主婦。無口で、何に対しても無関心な夫に悩んでいます。
 付き合っている頃からおとなしい人でしたが、結婚し、子どもが生まれてから夫は特にしゃべらなくなりました。私が話しかけない限り、一日中一言も話さないことがしょっちゅうです。
 話をさせるため、「なぜしゃべらないのか」と聞いたりもしました。その後しばらくは少し話すようになりますが、すぐまた元に戻ります。今では私も話すのが嫌になり、夫にほとんど話しかけなくなりました。
 夫は子どものことも、何も聞いてきません。せめて子どもにはきちんと向き合い、父親の役割は果たしてほしいのに、子どもが外泊などで家にいなくても興味を示しません。
 子どもも大きくなってきましたが、この先夫婦2人で暮らしていくのはつまらなそうで、離婚を考えてしまいます。こんな人を選んだ私が間違いなんですけれど。 (千葉・E子)

増田さんの回答
 無口なご主人についての相談のお手紙。世の中には夫の暴力などで痛さや怖さに苦しむ人もいますが、あなたの場合は孤独との戦いのようですね。ご主人が「おとなしい」だけではなく、何事にも「無関心」だというのが気になります。
 ただ、あなたの目にそう映るだけかもしれません。家の中で無口な人の中には、案外会社や外で精力的に活動し、家に帰るとリラックスしてぼーっとしてしまうという人もいますから。
 ご主人がお子さんに対して無関心にみえるのも、あなたを信頼し安心しているからではないでしょうか。無口が理由で離婚を考えるのは惜しい気がします。結婚当初はご主人に会話を促し叱咤(しった)した様子。でも子育てに忙しくなるうちに、無口を諦めてしまったのでしょうね。お子さんも大きくなった今、これからはご主人育てですよ。
 テレビなどを見るご主人をじっくり観察してください。必ず何かの話題に関心を示し、楽しそうな表情をします。そんな時にご主人の興味があることで会話を始める努力が大切です。そして、いつかあなたがおとなしいご主人のことを「いてくれるだけで幸せ」なんて思えたら素敵ですね。

 

まず、夫の立場に立って、「家の外では精力的かもしれない」、「家の中ではあなたのことを信頼しているのかもしれない」と別の視点があることや、「これからは子育てからご主人育てですよ」と夫と付き合っていくための心構えをキーワードとして伝え、「夫の表情や行動を観察して興味がありそうな話題を見つけてみましょう」と具体的にアドバイスし、いつか夫が「いてくれるだけで幸せ」と感じられるような存在になったら素敵ですね、と結んでいます。個人的には、「ご主人育て」という言葉がとても心に響きました。

 

話が変わりますが、他人と比較して優越感を感じることは時に不謹慎と考えられることがあります。しかし、他人と比較して「自分よりももっと大変な人がいるのだからもう少し頑張ってみよう」と前向きに生きる原動力とするのはむしろ健全ではないかと考えています。

 

訪問診療を通して様々な家庭を観察してきましたが、世の中には、夫からの家庭内暴力とそれに悩む家族が多いのです。

 

家では無口で無関心に見える夫も、平和で穏やかな家庭環境になくてはならない存在になっているかもしれません。さりげなく家事を手伝ってくれたり、家族のことを日記に書いているかもしれません。無口で無関心の裏には、夫の長所がたくさん隠されているに違いありません。

 

「世の中には、家庭内暴力で自分よりももっと大変な人が大勢いるのだから、自分のペースで夫育てを楽しんでみよう」

 

「無口な夫の中に隠されている“宝探し”を楽しんでみよう」

 

もしかしたら、妻が理想とする「かかあ天下」が実現するかもしれません(笑)。



2020年9月28日(月)

<< 第188話 人生相談
2020.9.23
第190話 人生相談パート3 >>
2020.10.2



はじめのページに戻る



医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック
〒984-0037 宮城県仙台市若林区蒲町30-3
022-355-2533

Copyright (c) Sendai Home-care Support Clinic All Rights Reserved.