仙台市若林区の診療所  医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック 【訪問診療・往診・予防接種】
ホーム > 第113話 思いを伝える


 第113話 思いを伝える
投稿:院長

人間誰でも、人生の終わりがやってきます。

 

患者さんの死に立ち会うことをお看取りすると言いますが、残された家族にとってよい看取りとは何でしょうか?

 

もちろん、「患者さんの苦痛が少ない」、「亡くなる時に立ち会うことができた」、ということも大切なのですが、家族にとって良い看取りとは、「家族が患者さんに思いを伝えられた」、「患者さんから家族に対して思いを伝えられた」ということが最も重要なのです。

 

今まで 照れてそんなこと言えなかった、という方もいらっしゃると思いますが、今こそ大切な人に思いを伝えましょう!そして、大切な人からのメッセージを受け取りましょう!


2019年11月7日(木)

<< 第112話 父との約束
2019.11.2
第114話 死を乗り越える >>
2019.11.12



はじめのページに戻る



医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック
〒984-0037 宮城県仙台市若林区蒲町30-3
022-355-2533

Copyright (c) Sendai Home-care Support Clinic All Rights Reserved.