仙台市若林区の診療所  医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック 【訪問診療・往診・予防接種】
ホーム > 第109話 虫の息


 第109話 虫の息
投稿:院長

前回は、人類の滅亡などという物騒なことを書きましたが、今日も、地球で観測されている生態系の乱れの一例について書きたいと思います。

 

それは昆虫の減少です。

 

今、昆虫は毎年2.5%ずつ減少していることが指摘されており、研究者の間では、100年後に昆虫は絶滅するのではないかと懸念が広がっています。

 

その原因として挙げられているものは、大規模農業による農薬の散布、殺虫剤の使用、都市開発、森林破壊、気候変動による生息地域の減少です。

 

「えっ、昆虫?害虫がいなくなるのは好ましいことじゃん!」

 

などと思われるかもしれませんが、昆虫は、鳥、魚、哺乳類にとって重要な食糧となっており、さらに、地球上の80%の植物は昆虫によって花粉が運ばれ、昆虫はその受粉に重要な役割を果たしているのです。

 

また、ある昆虫は、土壌を健全に保ち、栄養素をリサイクルし、害虫を駆除するなど、人間にとって大きな役割を果たしてくれています。

 

この生態系の維持に重要な役割を担っている昆虫が減少すると、人類の生存にとって必要不可欠な食糧や木材、繊維の生産を脅かすことにつながるのです。

 

まず、私達ができることは、無秩序な農薬や殺虫剤の使用を控え、緑を排除した無計画な都市開発をやめ、小さな虫にとっても優しい自然環境を作っていくことです。

 

私が子供の頃は、草むらにはトノサマバッタが跳ね回り、池の周辺にはオニヤンマ、ギンヤンマが飛び交い、木々からはニイニイゼミやヒグラシの大合唱が聞こえ、花の周辺にはアゲハチョウが舞い、夜の小川にはホタルが幻想的な世界を作り、堆肥の中にはカブトムシの幼虫が所狭しと住み着いていたものですが、こんな昆虫達の世界が、もはや再現不可能な単なる懐かしい思い出になってほしくありません。

 

地球上に、人間だけが繁栄する“虫のいい世界”なんてあり得ないのです。

 

自分達の利益だけを考え、自然破壊に歯止めをかけようとしない悪い虫が、このまま人間に取り付いてしまわないように祈るばかりです。


2019年10月21日(月)

<< 第108話 人類の滅亡
2019.10.17
第110話 衰える男子 パート1 >>
2019.10.25



はじめのページに戻る



医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック
〒984-0037 宮城県仙台市若林区蒲町30-3
022-355-2533

Copyright (c) Sendai Home-care Support Clinic All Rights Reserved.