仙台市若林区の診療所  医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック 【訪問診療・往診・予防接種】
ホーム > 第108話 人類の滅亡


 第108話 人類の滅亡
投稿:院長

今回は、前回の台風の話題にも関連して、かなり衝撃的な表題としましたが、個人的には気候変動が原因で人類の滅亡がありうるのではないかと本気で考えています。

 

気候変動の原因は地球温暖化。

 

そして、地球温暖化の原因となるのは、二酸化炭素などの温室効果ガスの排泄です。

 

地球温暖化が進むと・・・

 

1)生態系のバランスが崩れて食糧が不足する。

2)氷河が溶け出し、海面が上昇した結果、沿岸部の一部が水没し、高潮や洪水の影響を受けやすくなる。

3)相次ぐ異常気象、山火事の発生、台風の発生による被害が繰り返し起こる。

 

などの問題が深刻化すると言われています。

 

こう考えると、毎年のように起きる台風の被害も、天災ではなく人災かもしれません。

 

現在、地球の平均気温は、産業革命前から1.1℃上昇し、このペースでいくと2030年には1.5℃に達するとされ、ある有名な科学者は、1.5℃を越えると、もはや後戻りできない変化が始まると強く警告しています。

 

ということは、人類の未来が、あと10年足らずで決してしまう可能性があるのです!

 

2020年から、気温上昇を1.5℃以内に抑えることを目標としたパリ協定が発動される予定となっており、参加各国は、それぞれが掲げた数値目標を達成することが求められています。


そして、パリ協定に参加する77か国が、2050年までに温室効果ガスの排泄をゼロにすると約束しています。

 

日本は、2050年までに温室効果ガスの排泄を8割削減することを目標に掲げていますが、いまだに石炭火力に依存する割合が高く、風力や太陽光などの再生可能エネルギーの総電源に占める割合は16%と先進国の中でも低く、取り組みが不十分と指摘されています。

 

温室効果ガスの排泄は、企業活動がその7割を占めています。

 

近年、企業の社会的貢献(CSRCorporate Social Responsibility)という言葉が注目されています。

 

それは、企業は自社の利益を追求するだけでなく、消費者、地域社会、環境に配慮した企業活動を行うべきとする経営理念です。

 

私達には、生活者として暮らしの中で省エネを常に考えること、消費者として企業がCSRにしっかり取り組んでいるか厳しく監視すること、経営者・労働者としてCSRに積極的に関わっていくことが求められています。

 

かつて、食物連鎖の頂点として1億年以上も繁栄した恐竜ですが、そのほとんどが絶滅し、気候変動がその大きな要因とされています。

 

恐竜に起きたことが人間で起きないとは言い切れません。

 

私達には、CSRを超えて、次の世代、未来の人類に配慮した活動が求められています。


2019年10月17日(木)

<< 第107話 普段通り
2019.10.14
第109話 虫の息 >>
2019.10.21



はじめのページに戻る



医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック
〒984-0037 宮城県仙台市若林区蒲町30-3
022-355-2533

Copyright (c) Sendai Home-care Support Clinic All Rights Reserved.