仙台市若林区の診療所  医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック 【訪問診療・往診・予防接種】
ホーム > 第107話 普段通り


 第107話 普段通り
投稿:院長

1012日の午後から13日の早朝にかけて、台風19号が東北地方を通過し、次々と発せられる避難情報にとても緊張しながら一夜を過ごしました。

 

幸い、この間、患者さんから体調不良の連絡はなく、訪問先の患者さんをはじめ、ご家族、診療所の職員、施設職員に大きな健康被害はなかったようで安堵しています。

 

しかし、各地では、水害などにより亡くなった方、被災した方もいらっしゃり、ご冥福をお祈りすると共に、一日も早い復興を願わずにはいられません。

 

そして今日、台風の通過後、初めての訪問診療に出かけました。

 

途中、名取川周辺も通過しましたが、河川敷ではなんと少年野球が行われていたり、畑仕事で汗を流している人の姿があったり、いつもと変わらない日常の光景を見ることができ、ほっとした気分で診療から帰ってきました。

 

日常の診療では、患者さんに体調を聞くと、「まあまあだね」と返ってくることも多いのですが、この言葉には、「普段通りで調子は悪くない」という意味が自然な形で込められており、個人的には好きな言葉の一つです。

 

人の営みには、時に、贅沢なこと、賑やかなこと、感動的なこと、絶好調なことはあっても良いけれど、自然現象を前にすると、普通に過ごすことがいかにありがたく、幸せなことか強く感じさせられます。

 

いよいよ明日から連休明け。

 

多くの患者さんから「まあまあだね」と返ってきますように。

 

そして、多くの人にとって普通の日となりますように。


2019年10月14日(月)

<< 第106話 ノーベル賞イチ押し
2019.10.11
第108話 人類の滅亡 >>
2019.10.17



はじめのページに戻る



医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック
〒984-0037 宮城県仙台市若林区蒲町30-3
022-355-2533

Copyright (c) Sendai Home-care Support Clinic All Rights Reserved.