仙台市若林区の診療所  医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック 【訪問診療・往診・予防接種】
ホーム > 第100話 敬老と敬労



 第100話 敬老と敬労


投稿:院長

916日は敬老の日でした。

 

訪問した家庭や老人施設では、家族からのお祝いや、施設職員による敬老会が開かれ、それぞれが楽しいひと時を過ごされたようです。

 

90歳代のDさんは、高齢のご主人の介護を受けながら二人暮らしをされています。

 

現在の住まいの近くには親戚がなく、この日はデーサービスも休みなので、いつもの休日と同様、自宅のベッドで過ごされていました。

 

ご主人は、地域の敬老会に出席するために外出していましたが、そこで出された赤飯を妻にも食べさせてあげたいと自宅に持ち帰り、お二人で仲良く召し上がったそうです。

 

結婚して以来、苦しい時も手を取り合って乗り越えてきた二人です。

 

どんな時も相手を忘れることなく、喜びも常に二人で共有されているのです。

 

この日はお二人にとって、お互いを敬い労いあう、良き“敬労の日”となったようです。

 

ということで、このブログもとうとう100回目。

 

無事“100歳”を迎え、「自分をほめてあげたい」という意味を込めて、一人で勝手に(寂しく?)自分自身を敬労しています。



2019年9月17日(火)
<< 第99話 いよいよ本番
2019.9.14
第101話 サムライとなでしこ >>
2019.9.22



はじめのページに戻る



医療法人社団太陽会 仙台在宅支援たいようクリニック
〒984-0037 宮城県仙台市若林区蒲町30-3
022-355-2533

Copyright (c) Sendai Home-care Support Clinic All Rights Reserved.
【101#FFFBF7#FFCC99#FF9933